FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
01.28

講演会~広野さんの言葉より~

 先日の講演会が終わってほっとしたのか、2,3日体調不良でした。少し遅くなってしまいましたが、私からも講演会のご報告を。印象的だった広野さんの言葉を取り上げてみます。


*できないことは、できないんです。

広野さんは、国語の先生になろうと教育実習に行かれたそうです。でも、板書の漢字が正しく書けなくて、指導教官に厳しく指摘されたとか。「横棒が1本足りないとか、その場ではよく分かんなくなっちゃうんですよね~」。ご自身はファイナンシャル・プランニング技能士の資格も持ってらっしゃるそうですが「お勉強ではできても、実際はできないんです。数字が飛んだり、ゼロの数が違ったり…」自分ががんばっていないからできないんだと、ずっと思っていたそうです。28歳で診断を受けた後も、「直そう」とがんばって、がんばっても普通の人にはなれない自分がいて、この努力がずーっと続くのかと考えると果てしなかった…。そして、33歳で受容。「普通になるという、できない設定をやめたとき、楽になりました」
 私も子どもに何とか普通の子に近づいてほしいと願っていることに思い当たりました。子どもの足りないところ、できないことを直そうとしてしまう母。そう求めることが、実は子どもを苦しめているのかな…。まずは私自身が受容することが必要なのですね。

*皆が平均的にできることを求める世界は生きにくい。学校もそう。その子の持っている力を凸凹のままにどう活かすのかを考えてほしい。

 できないことをできないままに放置しておく、という意味ではないのです。ちょっとした支援や工夫で、力を発揮することができるようになります。発達障がいを理解するポイントとして「出来事の裏にある特性や環境の見立て」が必要だというお話がありましたが、何か困難があるとき、「どうしてうまくいかないのか?」と考え、環境を整えたり、工夫をすることが大事なのです。それらの工夫のヒントとなる冊子を広野さんが参加者全員に配付してくださいました。「発達凸凹活用マニュアル」こちらは大人の発達凸凹についてわかりやすく書かれたもので、職場への発達障がいのよりよい理解を進めることで、職場不適応を軽減し、凸凹があっても能力を発揮できる職場環境作りを目指しているものです。読んでみると、子どもたちにも応用できそうな工夫がいろいろ書かれていました。

*自己選択する経験と、若いうちに失敗させてあげること(失敗する権利と自由)。

 「お母さんがずっと何でも決めておいて、大人になってから急に『もう自分で決めなさい』では自己選択できるはずがありません。」幼い頃から自分で選択し、決定する練習が必要だと言うことですね。そして、「失敗による気づきを経験することも大切です」、と。「親は適度に無責任が良い」とも言われていました。そうですね、ついつい親が先回りして、ああしろ、こうしろと口や手をだすことは、結局は子どものためにはならないことを親は肝に銘じておかなければいけませんね。ただし、「『やるの?やらないの?どうすんの!?』これは自己選択でなく、脅迫です」(会場、苦笑…)

*子育てする自分がどう生きるかが大切。

 このお話は、深く心に残りました。親の会もセルフヘルプグループの1つです。私は、親の会をしながら、子育てに苦労しているお母さんたちが少しでも楽になれば…と願っていました。広野さんの考えは、その一歩先を行っていると感じます。楽になるだけでなく、発達障がい児を持つ親として、自分がどう生きていくかを考える、ということです。「問題は子どもじゃないんです、お母さんなんです」とも。ちょっと哲学的であり、人によって捉え方は様々だと思いますので、深入りしたコメントは避けますが、「自分の生き方を考える」ことは、親の会の意義の一つになりうると感じました。


*発達障がいをもつ人々が受け入れられる世の中にしていくために。

 リーマンショック以来、社会環境が厳しくなり、職場にも余裕がなくなってしまったそうです。以前なら、「ちょっと変わった人」で済んだところが、クビになって転職をくり返し、その結果鬱になる人も多い…。子どもの将来を心配している私たちにとっては、辛いお話です。
 発達障がいのある人も受け入れられる世の中にしていくために、当事者自身が声を上げる必要を感じ、広野さんが代表をされているNPO法人発達障害をもつ大人の会では、「発達凸凹100人会議」を開催して、発達障がいの特性を活かせる職場環境を提唱されています。「それが今の子どもたちの将来のために環境を整えることにつながるのではないでしょうか」というお言葉には、頭が下がります。誰かが変えてくれるのを待つのではなく、自ら社会に働きかけていくことは、私たち親の会にとっても大切な使命だと感じました。
 


 すべてを書ききることは無理ですが、特に心に残った内容を書き留めさせていただきました。皆さんは、広野さんのお話をどのように感じられたのでしょうか?皆さんの感想もぜひ聞いてみたいなあと思います(^^) by K.O.

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://youkids2525.blog.fc2.com/tb.php/69-6a6fe519
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。