FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
11.27

なの花&ゆうきっず 親子キャンプ

 11月23日、24日に、北千里のわくわくの郷にて、なの花&ゆう・きっずの親子キャンプを行いました。去年はなの花さん単独でされていたのですが、今年はゆう・きっずも一緒に!と合同キャンプ。キャンプといっても本館泊まりなので、お泊まり会みたいなものです。参加人数は46名。お父さん、お母さん、兄弟たちも参加し、重い自閉っ子も、高機能の子も、兄弟たち健常児も、みんな一緒にごちゃまぜキャンプ。どんな遊びをしたのか、ちょっとご紹介を。

 最初に「だるまさんがころんだ」をしました。子どもたちは、どれぐらい参加してくれるのかな~?とちょっと心配していましたが、けっこうノリがよく、オニが振り返るとピタッと止まってくれていました。最後はオニのそばにつり下げた鈴を鳴らしてゴール!嬉しそうに鈴を鳴らしている子たちが可愛かった~。
 その後、「しっぽとり」こちらはちょっと大きい子向けだったかな。しっぽを取られても、すぐに陣地に戻ってしっぽの補充ができるというルールにして、負けるのが苦手な子も続けて参加できるようにしました。
 「人形かくれんぼ」これは結構盛り上がったな~(^o^) ウルトラマン&怪獣の人形30体を野外食堂内に隠し、相手チームが探す、という遊び。実はわが家の子どもたちが大好きな遊びで、お父さんがいる休日の夜に家の中でよくやっています。かくれんぼが終わった後も、「もう1回やりたい~」と言ってくれる子、延々と人形で遊び続けている子、気に入ってくれてありがとう!

その後は、北公園に出てミニ・オリエンテーリング。4つのポイントでそれぞれ与えられるミッションを班メンバーで力を合わせてクリアすると、メンバー表にシールを貼ってもらえて、おやつをゲットできる、というルール。歌を歌ったり、ボールを運んだり、松ぼっくりで玉入れしたり、エア大縄跳びに挑戦したり。もちろん、中には参加が難しい子もいるんですよ。でも、それでもいいのです。お兄ちゃんたちがやっている姿を見ることも経験。パパやママも子どもたちを盛り上げるように積極的に参加してくれていたのが、ステキでした。
 夕食のカレー作り、キャンドルファイヤー、2日目には松ぼっくりツリー作りをして、午前10時の退所まで、充実のキャンプでした。
oo.jpg

ca.jpg



 私は「みんな」という言葉が苦手です。小学校のクラス便りで「みんな頑張っていました」なんて書いてあると「うちの子は参加してないしな…」と「みんな」の中に入れていない息子の存在を否定されたような気分になってしまいます。今回のキャンプも、決して「みんな」が楽しく参加していたわけではありません。慣れない環境に泣き叫ぶ自閉っ子もいましたし、なかなか遊びに参加できないゆうきっずもいました。でも、だんだんと調子が出てきた子、自分の好きな遊びだけちょこっと参加して楽しんだ子、他の自分の興味ある世界に没頭していた子…いろいろなのですが、子どもたちにとって、次につながる良い経験となっていることを願っています。そして、勇気をもってこのキャンプに参加してくださったお父さん、お母さん、子どもたちに、深く深く感謝しています。
 重い自閉症のお子さんを持つママ&パパたちの大変さも、初めて目の当たりにしました。たぶん今でも本当の苦労は理解できていないと思いますが、でも私にとっては最初の第一歩。なの花ママたちの明るさ、さわやかさ、そして他の子たちにもわが子同然に声をかけている姿に、絆の強さを感じました。ゆう・きっずママも、だんだんと親しく打ち解けつつあるこのごろ。こちらも、もっともっとつながっていきましょう!

 来年もぜひ行きたいです!絶対行きたいっ!私にとっても良い経験となった親子キャンプでした。 by K.O.
024.jpg



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://youkids2525.blog.fc2.com/tb.php/57-99ef97b2
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2014.12.02 20:54 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。