FC2ブログ
2014
08.15

夏ならではの読書のおすすめ

小学生の次男は夏休みの宿題も完成させないまま、毎日読書ざんまい。
ハリーポッターシリーズ制覇に挑戦中です。そういえば、長男も小6の夏にはまっていましたね~。
ハリーポッターシリーズは小学生の間にぜひ読んでほしい本だと思っています。これまでそう読書力が高いと思っていなかった次男も歳相応の本に興味を持ってきていることを嬉しく思っています。
長編ならではのはまり込む感じ、分厚い本を読み切った達成感を小学生の間にぜひ知っておいてほしいな。だって中学生になったら長編なんて読む時間全くありません

私の印象では、発達に凸凹を持つ子たちは比較的本が好きな子が多いと思うのですが
皆さんのお子さんはどうでしょうか?
もし、あんまり本が好きなじゃいんだけどどうしたら本を読むようになりますか?というご家庭があればいい方法をお教えしましょう!
まず親が面白がって本を読む、そして興味のありそうな本を家に置いておく、の二点のみ。
そうすれば、薦めなくても、きっとこどもも自然と本を手にするようになりますよ。

小さいお子さんの場合は「読んで」と言われたら、何度でも読んであげるのをおすすめします。「もう一人で字が読めるのに・・・」「自分で読めるようになってほしい・・・」なんて考えるのはナンセンス。字面を追えることと、物語の世界に入ることの二つを同時に出来るようになるのは結構後からです。
あと、よく「図鑑ばっかりで読み物を読まない・・・」という声も聞きますが、図鑑ばっかりで結構!どんな本でも、本を広げて知識を広げる、想像を膨らませる楽しさを子供の間にぜひ知っておいてほしいと思います。

我が家の息子たちがハリーポッターにはまったのは当然映画から。映画は読書へのいいきっかけになりますよね。DVDなどでも興味を持った作品に原作があるときにはぜひ図書館へ行って親子で原作も楽しんでみるといいですよね。原作がなくてもドラえもんなどはノベライズされている作品もいろいろあります。
テレビでやってた映画の原作を図書館で借りておく、教科書に出てきた作者の別の作品を借りておく、などは親ができる子どもを読書好きにさせる簡単な技です
長い夏休みだからこそ読める本を親子で楽しんではいかがですか?

By M.I.

スポンサーサイト




トラックバックURL
http://youkids2525.blog.fc2.com/tb.php/42-1ddf67d2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top