2014
07.05

本の紹介★「自閉症スペクトラムの子を育てる家族への理解」

Category: おすすめの本
今日は最近読んだ本の紹介をします。

こどもの特性を知って、たくさんの本を読み漁ったというゆう・きっずママも多いのではないでしょうか?
私もその一人。図書館へ通い、発達障害、アスペルガー症候群、ADHD、自閉症スペクトラム・・・検索ワードにひっかかった図書館の蔵書を片っ端から借りて読みました。(購入せずにまず、図書館というのが私らしい 笑)
が、なかなか「これは!」という本には出合えませんでした。 メカニズムがわかっても対処法はどれも比較的同じ内容。特性もわが子に当てはまるものもあれば、そうでないものも…。
なので、私がお勧めする本がみなさんに直接役に立つかはわかりませんが、読んでよかった、と思える本をこれから時々紹介していきたいと思います。

自閉症スペクトラムの子を育てる家族への理解
   母親・父親・きょうだいの声からわかること

      BOOK
この本は当事者の親・きょうだいの語りや手記をベースに構成されています。巻末には専門家の考察もありますが、実際の声をまとめてあるので、私たちがまさに直面している問題、そしてそれらを経験してきた方々のお話がリアルに届く本です。言うなれば、「紙上ゆう・きっず定例会」のような感じ。

サポートされるべきは 発達障がいを抱えた子供自身なのだけど、それを支える家族だって、支えてもらいたい助けてほしい、という思いが伝わってきました。だって私たちだってわからないことだらけですもんね。
中でも特に私が印象に残ったのは、きょうだいからの声。親は大きな覚悟をもってこどもに接しますが、定型発達のきょうだいは理解に至るまで複雑な部分もあるかもしれません。もちろん、本の中ではきょうだいとのかかわりの中で福祉関係の仕事に就いたというような心温まるエピソードもたくさん紹介されています。きょうだいのあるゆう・きっずのママにはいろいろ考えさせられる内容です。
吹田市立図書館にありますので、興味のある方はぜひどうぞ。
機会があればみなさんのおすすめの本もぜひご紹介ください。
By M.I



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://youkids2525.blog.fc2.com/tb.php/34-28e8f1bd
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top