FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
06.19

新しい仲間たち

Category: 定例会
本日、ゆう・きっず6月定例会が行われました。詳しいご報告は、また後日に掲載予定です。

今日は、初参加の方が7名いらっしゃいました。
そのうちのお2人は、先日のキャンプ後の学習会でお会いした方。
また他のお2人は、子ども発達支援センターの方にお預けしたちらしをご覧になっての参加。
あとの3人の方は、幼稚園ママ。このいきさつを少し説明します。

 私の末っ子が通う幼稚園には、障がいのあるお子さんもいくらか通われています。見た目にはわからなくても、発達の遅れがあったり、人一倍特性の強い子も含めると、かなりの人数になるのではないでしょうか。これは、園長先生のお考えによるものだと思われます。実際、健診等で発達の遅れを指摘され、幼稚園に通うのは無理だからと、保育園の障がい児枠を勧められた方も多いようです。他の園で入園を断られた方も。園では、9月に特別入園相談会を設け、そういう方々とお話をされています。私の印象では、園長先生、かなりおおらかに受け入れていらっしゃいます。だから、うちの幼稚園には、個性派キッズがたくさん!
 うちの幼稚園の保育もかなり個性的で、先生が上から押さえつけたり、教え込んだりするものではなく、子どもたちが楽しみ、主体的に活動することを大切にされています。わが園には「整列」がありません。運動会や発表会のいわゆる「練習」がありません。子どもたちに無理矢理やらせるという方針がないので、みんな生き生き、伸び伸びしています。だからといって、自由勝手に放任しているわけではありません。先生方の保育レベルはとても高いと感じます。「楽しみながら、力を伸ばす」という理想的と思われる保育を目指していらっしゃいます。そんな幼稚園だから、個性派キッズたちも周りの子と一緒に園生活を送り、成長していけるのでしょう。

 今回、園長先生にゆう・きっずのことをお話ししましたら、園で把握している、発達に関して不安を感じていらっしゃる保護者の方に、ちらしを渡してくださるというありがたいお話をいただきました。そして、今日の定例会に3名の幼稚園ママが参加してくださることになったのです。園のご厚意に感謝いたします。

 定例会後も、新旧のメンバーが入り交じって各所でおしゃべりが続いていました。
そうそう、こういうのがいいんです。雑談の中で気軽にいろんなことを聞ける仲間がいるって、本当にすばらしいこと!
 きっと他にも、子育ての悩みを一人で抱えているママたちがたくさんいらっしゃるはずです。そんな方に、勇気をもって一歩を踏み出してもらいたいと願っています。私たちも、ゆう・きっずのことをもっと知ってもらえるように頑張ります。

 新しく参加してくださった方々、ありがとうございました。今回のご縁、大切にしたいと思っています。ぜひまたお越しください。 by K.O.
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://youkids2525.blog.fc2.com/tb.php/28-f11c92d1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。