FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018
05.28

「ひといちばい敏感な子」

Category: おすすめの本
 今回はめずらしく書籍の紹介です。
 HSCという言葉をご存知でしょうか?Highly Sensitive Child(人一倍敏感な子)のことです。筆者のエイレン・N・アーロンさんは、ご自身がHSP(=Highly Sensitive Person 人一倍敏感な人)であり、HSCのお子さんを持つ親でもあります。 

e1539dd7f864dcb2434bc1f23091bb2c_content.jpg


 
 日本ではまだあまり知られていないHSCですが、子どもの15~20%に見られるそうです。本の中にはHSCかどうかを知るための23のチェックリストがあります。
 いくつか例を挙げると
   □ すぐにびっくりする
   □ 服の布地がチクチクしたり、縫い目やラベルが肌に当たったりするのを嫌がる
   □ いつもと違う臭いにすぐ気づく
   □ 痛みに敏感である
   □ 辛い食べ物が極端に苦手
   □ うるさい場所を嫌がる

 これって、感覚過敏のこと?そうなんです、私がこの本を読んでびっくりしたのは、HSCには、発達障がいの子ととてもよく似た傾向が現れるということです。「気が散りやすい」「疲れやすい」「見通しがたたないことや新しい環境に弱く、不安が強い」「かんしゃくを起こす」そして、学校の環境を苦痛に感じてしまう。
 でも、HSCが発達障がいと異なる点は、人の気持ちを敏感に感じ取ること。親の気持ちを瞬間的に察知したり、他の子が傷ついているのを見ると、自分もそれ以上に傷ついてしまったりする傾向があるそうです。
 表面上は両者は非常によく似ているため、多くのHSCがADHDや自閉症・アスペルガーなどの発達障がいと誤診されているといいます。発達障がいではない過敏さ。この考え方は私にとって新鮮で、もしかしてゆう・きっずの中にもいるのかも…と思いました。

 敏感なお子さんをもっている方、もしかして!と思われる方は、一度この本を読んでみてください。吹田市立図書館にも置いてありますが、検索してみると予約がかなり入っていました。私が読んだのも知人から借りた本なのでお貸しできないのですが…。

 印象に残った文章~~~

 自分の子どもが「他の子と違う」ことには複雑な気持ちになるかもしれません。でも、「他とは違う子の親になるなら、他とは違う親になる覚悟が必要です」。

 HSCを健やかに育てるには、周囲の理解と配慮がとても大切になります。でもこれは発達障がいも同じですね。親の覚悟で、子どもを守り、育て、そして大人の世界へ送り出していくこと。長い道のりですが、それはとても幸せな挑戦だと、この本の中で、筆者は繰り返し語っています。  by K.O.


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://youkids2525.blog.fc2.com/tb.php/146-35674ad5
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。