FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
08.31

不登校分科会&母たちの飲み会のご報告

 8月27日(日)は、午後から「不登校分科会」、夕方から「母たちの飲み会」を開催。私は2つの会をはしごしました。夏休み中ずっと子ども中心に生活をしてきましたが、久しぶりに家を離れて大人の会。楽しかったです~(^^)

 不登校分科会はかなり久しぶりでした。中心となっているスタッフの調子が悪く(子も母も…)、招集する余裕さえない、という状況だったようです。それでも、他のお母さんたちの話を聞いたり、不登校に関する情報が得られる場がほしい、という希望もあり、今回何とか開催できた次第です。もうずいぶん不登校歴も長くなった…という方もいれば、この数か月で登校しぶりがひどくなったという不登校の入り口に立つ方もいて、それぞれの状況や最近の困りごとなどをおしゃべりしました。
 その中で印象的だった内容を。

「一番しんどいのは、不登校になりかけている時期。」
 その時期は、毎日が今日は行くか、行かないか…という戦いで、親子バトルになることも。私(母)が背中を押せば行けることもあると、すべては自分にかかっているというプレッシャーや孤独感、でも無理に行かせることが本当に正しいのかという迷いもあって、本当にしんどい日々です。みんなそれぞれに、その時期を経験してきた、またはその渦中にいるからこそ、うんうん、と共感する意見でした。

「学校に行けない子どもを責めても、良いことは何もない」
 これは、肝に銘じておきたいこと。わかってはいるけど、つい言い争い、傷つけてしまうことがあります。でも、一番近くにいる親が子どもの味方になってあげないと、子どもは本当に辛いでしょうね。親自身の中にもいろんな不安や葛藤があるのですが、それでも子どもの気持ちに寄り添う努力をしようと思えるかどうかで、時には我慢できなくて思わず責めてしまったとしても、その後のリカバリーが違ってくるのではないでしょうか。

「私はかわいそうじゃない。あなた(世間一般)の価値観で測らないで」
 ここまで言えるようになった母は強い!周りの人たちは、学校に行けないわが子を、そしてその母を特別視し、触れてはいけないもののような対応になることが多々あります。母たちは、そこでさらに疎外感をもち、傷ついてしまうのですが、学校に行けないこと=不幸 という考えに振り回される必要もありません。その方は、「むしろわが子は、変なことを変だと感じられる心を持っているんだ」ともおっしゃっていて、お子さんが学校生活の中で感じた違和感を深く理解しているのが感じられました。

 今まさに不登校の渦中にあり、親も子も消耗している方々がどれだけいることでしょう。そういう方たちに、ぜひつながりましょう!と伝えたい。今日を、明日をどう過ごしていくか。親として何ができるのか。手探りの、長い道のりを、お互いに支え合い、知恵を出し合って歩んでいける仲間でありたいと思います。


 夕方からは、南千里のビアガーデンで、母たちの夏休み慰労会!のつもりでしたが、なぜか屋外テラスではなく、室内レストランでの開催。ちょっと残念。でも、6名のメンバーが集まり、にぎやかに、たくさんおしゃべりを楽しみました。定例会と同じように、愚痴やら質問やら相談やら、話題はやっぱり子どものことばかり…。
 でも、アルコールが入っている分、いつもよりぶっちゃけた話もありだし、時間もたっぷりあって、皆さんとより深いところでつながり合い、分かり合えたような気がします。最近、ゆう・きっずもメンバーが増え(現在約100名です)、なかなかお顔と名前が一致しなくなっているのですが、こうやって一緒に飲んだら絶対に忘れません!ストレス解消に、そして仲間づくりに、年に2回の飲み会に、ぜひ参加してみてくださいね!

IMG_0258.jpg

 「皆さん、強いですね…」奇しくも、不登校分科会でも飲み会でも、若いお母さんが、先輩ママたちの話を聞いて言われました。迷いがない、ぶれてない、と感じられるそうです。いえいえ、全然そんなことはありません。古株たちもいまだに迷いまくってますし、ぶれぶれです。そう見えるだけ。でも、過去の自分がやってきたことに対して、「あぁ、これはやっぱりこうだったな」と、思えることがたくさんあるのも確かです。自分が失敗して、回り道をして、やっと見つけたと思える答え。それを、後輩ママたちに伝えていくことで、今まさに悩める若いお母さんたちが、ちょっと楽になったり、明日へのヒントをつかんでもらえるなら、こんなに嬉しいことはありません。

 たくさんご自身の思いや経験を語ってくれたベテラン母が、最後に「でも、私も不安~っ(T_T)!!」と叫んでいた姿が、私にはとても正直な気持ちの表現だと思われました。みんな不安なんです。でも、毎日何とか前を向いて歩いてるんですね。
 
本当に楽しい1日でした。お付き合いいただいた皆様、ありがとうございましたm(__)m
by K.O.


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://youkids2525.blog.fc2.com/tb.php/135-9691c4a2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。