FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
05.29

5月定例会のご報告

Category: 定例会
 5月25日木曜日に、5月定例会を行いました。今回は、NPO法人Viewぷらすの青琢磨先生にお越しいただき、「子どもと身体発達について」というテーマでお話をしていただきました。

 青先生は、児童発達支援事業所「とことこ」の先生ですが、その経歴はちょっと変わっていて面白く(❓)、実は青先生の自己紹介がとても興味深かった、という声も。いろんな経験を重ねられてきた先生だからこそ、お話にも深みがありました。

 さて、前半は、子どもの身体発達の概論、発達性協調運動障がい、固有感覚や聴覚・前庭感覚の問題が、凸凹児たちのどんな困難につながっているかなど、かなりしっかりと「お勉強」させていただきました。後半は、実際に家でもできる感覚遊び をいくつか紹介していただき、参加者の皆さんはメモを取ったり、スマホで写真や動画を撮ったりして、興味津々でした。こういう遊びを日常生活に取り入れていくことでかなり効果が期待できるそうです。小学校低学年ぐらいまでなら、お母さんと一緒に楽しんでやってくれそうですね。
 その後の質問タイムでも、「リコーダーが苦手」「人差し指を使おうとしない」「くるくる回ったり、体をゆらしたりする」などなど、お母さんたちの疑問や困り事に対して、丁寧に、具体的なアドバイスをいただきました。「リコーダーが苦手」だという質問に対しては、指先の訓練だけで解決しようとするのではなく、総合的なアプローチが必要だとのお話がありました。同時並行処理(何かをしながら、他の何かをする)遊びを取り入れるとよいそうです。「ジャンプしながらとか、手拍子しながら、食べ物の名前を言う」「ジャングルジムを伝いながら、質問に答える」など。粗大運動も取り入れて。手先の遊びとしては、レゴや輪ゴムのパターンボードなどもよい。…と、ついリコーダーが苦手なら、練習、練習と目先にとらわれた対応になってしまう母達にとっては、「なるほど~。そっちからのアプローチがいるのか…」と納得でした。

 青先生のように、凸凹児たちの体のことをよくよく理解してくださった上で療育をしてもらえるのは、本当に心強いですね。先生が遊びの途中にひっくり返って大げさなリアクションをするのにもちゃんと意味があるのだと知った時は感動しました。単に先生がおちゃらけているだけだと思っていた私…ごめんなさいm(_ _)m 青先生、お忙しい中、本当にありがとうございました。 by K.O.

image1(3).jpg


~~~ 以下、終了後のアンケートより ~~~

・運動の苦手さや手先の不器用さがあり、本人の苦手意識も強いので、生活上必要ないことで、できないことを訓練するような形になってしまっていたけど、先生のお話を聞いて、もっと大きく見て、いろいろなアプローチを楽しく取り組んでいくのがよいと思いました。

・とてもわかりやすくて参考になりました。ゲーム等、自宅で出来ることも多く、早速取り入れてみたいと思いました。

・小さいころから何げなくしていた遊びも、身体の感覚としてどのような効果があるのかがよくわかりました。苦手だった感覚遊びも(ブランコなど)、小学校中学年ごろにはできるようになったり楽しくなってきたり、ゲーム・遊びの楽しさを理解できる時期も大事だと思います。今後も親子で共感できる遊びに取り組んでいきたいと思います。

・子どもにしかわからない感覚を知ることで、親からの働きかけも異なってくる事がわかりました。不器用なりに自分の身体を使って頑張っているところを支えてあげようと思いました。

・感覚の種類など感覚統合の話は知っていたけど、久しぶりに聞き、頭がよみがえりました。質問の数々に対する答えがとても勉強になりました。

・大変勉強になり、参考になりました。ありがとうございます。うちの子もとことこに行ってみたいと思いました。

・家でできそうな遊びを紹介していただき、参考になりました。親子で遊びながら感覚をきたえて、目と手の協調した動作がスムーズに行えるように家でも取り入れていきたいです。実例を取り入れた説明で、とても分かりやすく理解できました。感情のコントロールの弱さも固有感覚からきていると知り、あそびを取り入れながら固有感覚を強化していきたいです。

・日々の支援のヒントや参考になるお話がたくさん聞けてとてもよかったです。このような勉強会をこれからも続けていただきたいです。

・実際の遊びを教えてもらったので、とても参考になりました。どの感覚を鍛えるのかを詳しく教えていただいたのでよかったです。家でもやってみようと思います。

・ボティイメージ→外界認識  
 ボディイメージ→自己内省 
 ボディイメージがすごく大切なんだなと思いました。

・家ですぐ取り入れられる遊びが参考になりました。聴覚と身体発達の関係について、全く意識したことはありませんでしたが、説明を聞いて、とても勉強になりました。

・手指の不器用さを、手指の訓練ではなく、体全体の感覚を育ててあげることによって向上させていくというお話がとても興味深かったです。基礎になるボティイメージの大切さを学ぶことができました。いろいろな感覚遊びも教えていただき、とても参考になりましたので、ぜひ家庭でも取り入れていこうと思います。

・指先の不器用さも、それだけを何とかしようとするのではなく、体全体のコントロールを向上させていく底上げが必要とわかりました。書くのが忙しかったので、できればレジュメがほしかったです。

・今日習った遊びを、幼稚園児にしようと思いました。知らなかった固有感覚の大切さを知り、とても有意義でした。

・身体の発達についてはあまり知識がなかったので「なるほど」と思うことが多かった。
・姿勢について気になっているので、バランスボールを使ってやってみようと思いました。

・食事の話も出来そうなことが多いので参考にしようと思います。

・最後のいろいろな遊びは、子どもが幼児の頃に知ることができてたら使えたなあと残念でした。

・子どもの身体発達について学ぶことができて、身体感覚について心理的なコントロールと関係があることを学ぶことができてよかったです。日常生活の中で取り入れられる身体の使い方等、子どもにアドバイスしてあげたいと思いました。食事についても学ぶことができてよかったです。(偏食は続いていて、お菓子ばかり食べていますが、少しずつできることから実践していきたいと思いました。)

・身体内部感覚以外に、食事へのアドバイス(上白糖→三温糖などへ切り替えるとイライラが減る)もいただけて勉強になった。質問コーナーで様々な質問にも一言一言丁寧に対応策を教えていただけたことがありがたかった。

・どの話も具体的で分かりやすい話で良かったです。実践しようと思うことがたくさんあり、とても参考になりました。

・とても勉強になりましたが、年のせいか昔より自分の吸収の悪さを感じました。自分の知識が少なかったので、これからさらに勉強して、息子に役立ててやりたいです。

・何だか動きがぎこちないと感じても、それがなぜなのか、今までよくわからなかったのですが、お話を聞いて合点しました。感覚を高める遊びをいろいろ教えていただいき、ありがとうございました。書き写すのに一生懸命になっていると、お話を聞く方がおろそかになってしまい、何割かお話を聞き逃してしまいました。おそらく私も当事者かと思い、書く+聞くの同時進行にしんどさを感じます。できればレジュメは細かく書いてあると聞く方に集中できてありがたいです。

・今日はご講義ありがとうございました。途中からになりましたが、お聞きできてよかったです。とことこでも、今後もよろしくお願いいたします。

・先生の講習、有意義なものでした。質疑応答も的確で、経験豊富な先生のその経験からくるアドバイス等はすごいものだなぁと思いました。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://youkids2525.blog.fc2.com/tb.php/133-4a8cbfe2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。