FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
11.28

私たちはひとりじゃない!

 先日11月17日に、園生活情報交換分科会を開きました。
分科会は、定例会よりもテーマを絞り込んで、興味関心のある方で集まり、話をする少人数の会です。現在は不登校分科会が定期的に開かれていますが、それ以外では初めての分科会でした。
 発端は、来春の入園を控えて、幼稚園・保育園・障害児通所施設と進路に悩むお母さんが、他の方の話を聞いてみたい、情報がほしいと言われたことでした。せっかくやるならもっとオープンにして、先輩ママの話を聞いたり、他の方とも幼稚園や保育園生活について情報交換できる会にしようと、今回の分科会となったのです。
 在園中または卒園した子をもつお母さんたちにも声をかけて集まっていただき、それぞれが経験した園生活について、良かったこと、悪かったことを率直にお話してもらいました。参加者8名という少人数の会だったので、気軽にいろんなことを聞けるし、答える方もしっかりとお話できて良かったのではないかと思います。分科会の良さですね。

 そして、今回私がしみじみ思ったことは…私たちはひとりじゃない!ってことです。
 園生活の情報を聞かせてもらいたいと先輩のママたちにお願いすると、皆さん快く参加を承諾してくれました。「私でお役に立てるなら…」と。中には都合が合わなくて残念ながら欠席の方もいたのですが、かわりに長文のメールで自身の経験や思いを送ってくれました。きっとすごく長い時間をかけてメールを打ってくれたのだと思います。私の方が驚いてしまうほど、思いやりと熱心さが伝わってくる文章でした。もちろん分科会の中で皆さんに内容をお伝えさせていただきました。

 ある方が、今悩んでいる方を見て、数年前の自分を見ているような気持ちになった、とおっしゃっていました。皆さんの温かい気持ち、きっと悩める母たちに伝わったと思います。今回参加された入園前のお母さんからのお礼メールに「今回皆様からいただいたご厚意を、もしも何かの形でどなたかにお返しできることがありましたら、その際は是非お声がけください」とありました。
 これが親の会のいいところだなあ…と私はじ~んと感動しています。自分も経験したからこそ、その辛さや悩みがわかる人になれるんですね。そう考えると、ふだんは悩みの種である凸凹キッズたちにも感謝の気持ちがわいてきます。そして、自分の経験をまた次の方のために還元していく…こういう循環をこれからもうまく作っていきたいなあ、と思いました。

ご協力くださった方々、本当にありがとうございました。またお話聞かせてくださいね!  by K.O.

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://youkids2525.blog.fc2.com/tb.php/124-6338c80f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。