FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
06.18

超満員の6月の定例会のご報告

Category: 定例会
梅雨空の6月17日(木)に6月の定例会を開催しました。
ゆう・きっずが始動して二年半あまり。昨年からは月ごとの定例会を「親の会」「学習会」と分けて、隔月で開催してきました。講師を招いての学習会は皆さんの関心も高く、参加者も「親の会<学習会」だったのですが、今月の参加者数を聞いてびっくり。なんと30人を超える方で会場は超満員。もちろん最高記録です。

今月は、初めての参加の方も多く、全ての方に自己紹介などをしていただく時間も取れなかったため、特に聞いてみたい、アドバイスが欲しいトピックがある方からの質問を全体で取り上げ、その後グループワークという形を取らせていただきました。
全体の質問では、”中学校の支援の状況” ”感覚過敏は治る?” ”投薬ってどう?”などを取り上げて先輩ママたちの経験談を聞きました。

また、凸凹児には女の子が少なくてなかなか情報が無い、という声があったため「女子」だけのグループで話す機会を作ろう、ということで後半は男女別グループに分かれました。男の子チームは「男子幼児&低学年」「男子高学年&中高生」に分かれてざっくばらんにお話し。とは言え、30名強の参加者。一グループ10名ほどになってしまうため、なかなか細かい点までは話しきれなかったですね。

私のグループには、学校、支援級の先生、放課後デイ、学習塾、作業療法など見事な連携でお子さんをサポートされているママもいらして、尊敬のまなざしで見つめてしまいました。半面、既にお子さんが高校生になっていらっしゃるママからは「(子供が小さかった)当時は理由もわからず、対処の方法もわからず、皆さんの様子を聞いていると何もできなかったことを後悔する」というような言葉も漏れていました。いえいえ、発達障がいという言葉さえも一般的でなかった頃から、親でさえわが子を理解できない状況で、お子さんと寄り添って頑張って来られたことは誇りに思われるべきです!高校進学まで叶えられた先輩ママのお話は今後ぜひみなさんにシェアしていただきたいと思っています。

梅雨の真っ最中で雨も降る中、たくさんお集まり下さりありがとうございました。代表のOさんのお話にもありましたが、ゆう・きっずが始まった時、参加者は6名でした。それでも「たった6名」ではなく、「やっぱりいたよね6名の仲間が」という思いでした。ちょっと変わったうちの子のこと、わかってくれる人が欲しかったし、誰かに聞いてほしかった。そして、きっと同じ気持ちのママ達が居るに違いない、と思っていました。その思いが、今ではこんなにたくさんの人に繋がって、ゆう・きっずを頼りにしてくださる方まで現れるようになりました。代表Oさんの人柄や尽力あってのことですが、メンバーお一人お一人が、今困っている仲間のために手を貸してくださるゆう・きっずだからこそ、こんなに大きくなれたんだろうなと思っています。
とは言え、大きいことが良いことではないので、今後はお一人お一人がちゃんと気持ちを吐き出したり、しんどさもシェアできるような体制を整えるべく、知恵を絞らねば、と思うスタッフたちでありました。

皆様のご意見やご要望など、コメント欄からも遠慮なくお聞かせください。

By. M.I.


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://youkids2525.blog.fc2.com/tb.php/115-2272b8c3
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。