FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
02.23

SONET 講演会のご報告

Category: お知らせ
去る2月21日、吹田市の夢つながり未来館においてSONET(すいた発達障害親の会ネットワーク)主催の発達障がいを理解する講演会を開催いたしました。ゆう・きっずとしては昨年も講演会を企画開催しましたが、今回SONETとして主催する初めての大きな講演会となりました。

今年は吹田の障がい児教育ととかかわりの深い、親和女子大学准教授の森田安徳先生に講師をお願いし、「支援を受けながら伸びゆく子どもたち~発達の凸凹や障がいのある子供たちへの支援 親や園・学校ができること~」をテーマに二時間にわたってお話しいただきました。森田先生には多ページに渡る資料をご用意いただいていたのですが、ほぼすべてを網羅する盛りだくさんの内容でした。
 DSC_0629.jpg

講演では、これまでの先生の経験からさまざまな子供の実際のエピソードを盛り込んで、その支援・指導方法を具体的に説明いただきました。その方法自体もなるほど、とうなずくものでしたが、それ以上にどんな場合も子どもたちをしっかりと観察して困り感の原因を探り、支援の方法を導き出してこられた様子がよくわかり、感心しました。またエピソードごとに当時の子どもたちの様子をはっきりと思い出しながら暖かくお話になる姿に、先生の子どもたちへの深い思いも垣間見ることが出来ました。

お話を聞いて、素晴らしい先生方が切り開いて来てくださった吹田の障がい児教育(発達障害も含む)を、後退させないためにも親の会にできることはたくさんあるはず、という思いを強くしました。

子どもたちのエピソードには支援に必要なヒントがたくさんあるので、ぜひそれぞれを記録してまとめていくことを薦めます、とのことでした。確かに親の会で「あるある談」としてよく話に上がる些細なことも、後に続く人のために記録していくといいですね。ゆう・きっずでも今後の課題としたいと思います。

当日は120名もの方にお集まりいただきました。ゆう・きっずメンバーはもちろん、保護者の方、支援者の方、学校の先生と思わしき方など幅広い年齢の方に参加していただけたのも有意義だったと感じています。親の会としてこのような場を発信し、発達障がいへの理解を深めることに一役を担う意義を感じた一日でした。

スタッフとして、今年も講演会の企画準備から関わってきましたが、ちょっと私的な感想を書かせてください。
講師のお願い、日程の選定、会場の手配、チラシの準備、印刷配布、広報、予約受け付、当日の会場設営、撤収・・・。大部分は代表スタッフが尽力してくれましたが、すべて親の会のスタッフの力だけでこのような大きな講演会をやり遂げ、多くの方に私たちの子どもたちを理解してもらうためのメッセージを発信できたことを誇らしく思います。SONETのみなさん、そしてOさん、おつかれさまでした!
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
By. I.M.
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://youkids2525.blog.fc2.com/tb.php/110-48933b1f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。