FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
12.11

ワーキングペアレントの集いのご報告

Category: 定例会
 12月6日(日)、第2回目のワーキングペアレントの集いを開催しました。
 ふだん働いていて平日の定例会に参加できない方にも親の会に参加してもらいたいと始めたこの会ですが、7月に第1回を行い、「ワーキング」にこだわる必要性を感じず、今回は働くママでなくても、とにかく日曜日に出られる方は大いに参加してください、という会になりました。来年度から、ネーミング改めますm(_ _)m

 でも、やはり「ふだんは出られなくて…」という方もいらっしゃって、日曜日開催のこの会の必要性を改めて実感しました。毎日お仕事を頑張って、家に帰ったら子どものお世話。夕飯を大急ぎで準備して、宿題を見たり、兄弟げんかを仲裁したり。ばたばたと1日が終わるともうへとへと…。そしてまた、次の日が朝早くから始まる…。きっとこんな日々を一生懸命に過ごしているお母さん、たくさんいるはず。だから、たまには息抜き、ガス抜きも必要ですよね。この集いがお役に立てたら嬉しいのですが。

 12月には、定例会とランチ会、忘年会など、イベントが目白押し。もちろんすべてに参加はできないでしょうが、この1年間の自分の頑張りへのごほうびに、そして冬休み・年末年始前のパワーの充電に、ぜひどこかで一緒に楽しくおしゃべりする時間を取れたらいいなあ、と思っています。まだ参加申込の受付は続いています。急に時間が空いた!行く気になった!という場合も、直前でも構いませんからご連絡くださいね~。

 さて、今回は、児童発達支援事業所「とことこ」の鳥井先生にアドバイザーとして参加していただきました。
 人数も少なめだったので、1人1人の近況報告や困り事を聞いていきました。そしていつものようにみんなで一緒にその問題を考えていきました。字をきちんと書くことが苦手だという話には「うちも…」という方が多くて鳥井先生にアドバイスをもらったり、不登校の悩みもあり、中にはドッヒャーな学校の先生の対応もあったりと、2時間があっという間に終わりました。
 議事録は会員限定記事でどうぞ。

 鳥井先生に参加していただいて、私はすごく安心感を感じました。先生は一本筋の通った考えを持たれているという印象で、母たちの悩みに対して、常に子どもの立場に立った見方でコメントされていました。「親のため」ではなく「子どものため」にどうするのが良いのか。でもそこに気づくことで、母親は問題への対応方法を一番ストンと納得できたように思いました。

 私は最後に、怖くて子どもの手を離しきれない未熟な部分を突かれて、イタタ…という感じでした(T_T) 「子どもには大いにコケてもらったらいい。そこからどう立ち上がるかを学ぶことが大切」…はい、よくわかってるんです。頭では。ガンバリマス

 実は、親の会にアドバイザーとして専門の先生に入っていただいたのは初めてのこと。私としてはとてもありがたかったので、今後もまた来ていただく機会を設けたいなあ、と思っているのですが、皆さんの感想はいかがでしたか?またお聞かせください。

鳥井先生、本当にありがとうございましたm(_ _)mm(_ _)m   by K.O.

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://youkids2525.blog.fc2.com/tb.php/103-7732d3c4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。