FC2ブログ
2015
12.24

12月定例会のご報告

Category: 定例会
 12月15日は、年内最後の定例会として、有希クリニックの作業療法士 長谷川悠子先生にお越しいただいて「感覚統合・発達障がい児の感覚の特徴」について学習会をしました。

 ゆう・きっずで作業療法士の先生のお話を聞くのは初めてのこと。感覚の問題については、過敏または鈍感なことについて今までの定例会でも話題に上っていたので、気になるテーマでした。最初に「感覚統合について」「発達障がい児の感覚の特徴」など、ちょっと真面目なお勉強の時間を30分ほど。先生も、この学習会のために資料を作成して臨んでくださり、とても分かりやすく説明していただきました。このあたり、一度は必要な学習内容ですね。良い機会でした。

 その後は参加者の困りごとを聞きながら、その対処法などについて考えました。「制服が苦手」「すぐにキレてしまう」「偏食」「字を書くのが苦手」「楽器が苦手」「爪かみ」などなど。皆さん、あるある…状態で、長谷川先生からの説明やアドバイスを聞きながら、参加者同士でも活発な意見交換がありました。

 いろんな目に見える問題の裏には、様々な感覚の問題が潜んでいるようです。表出している問題だけに気を取られず、なぜそうなっているのか、視覚・触覚・聴覚・筋力(体幹)・道具・環境などいろんな視点で原因を探り、それに基づく対応が大切、ということを長谷川先生は何度もお話しされていました。とても充実した学習会となりました。長谷川先生、ありがとうございました。
 
今回、後半に「爪かみ」話で盛り上がりました。「うちも…」という方、かなり多かったですね。実はうちの長男もいまだに直りません。「苦いマニキュア」が市販されているんですね!もっと早くに知っていれば絶対に使いました。今や反抗期に入っている息子に使う勇気はありませんが…。ただ、気持ちを安定させるためにしている行為を無理やりに矯正すると、別のもっと困る形で出てきてしまう恐れがあるのでは、という意見もあり、実際に爪かみをやめさせた後、チックに出たかも、という方もいて、難しいものだなぁ、と感じました。でも、こんな話に盛り上がれるのが親の会のいいところですよね。
 今後、普段話しにくい悩みを取り上げてみるのもいいかも!と思っています。「鼻ほじり」とか「おねしょ」「おもらし」も実は結構多い悩みなんですよ。またおしゃべりしましょうね(^^;)  by K.O.

 

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
12.23

12月定例会(第25回) 議事録

Category: 定例会議事録
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2015
12.12

2016年 講演会のお知らせ

Category: お知らせ
ゆう・きっずでは、なの花、ペアトレOG会で構成するSONET(すいた発達障害親の会ネットワーク)主催の講演会を来年2016年2月に開催いたします。

今年も「なの花」と共催で当事者の方の講演会を開催し、保護者や支援者、当事者の方など多くの方にご参加いただきました。
来年の講演会は、吹田を中心に長く発達障がい児教育に力を注いでこられた森田安徳先生に、発達障がい児支援の現状、園・学校との上手な連携の取り方、そして将来を見据えて今身につけておきたい力についてお話しいただきます。
森田先生は、ペアトレOG会のオブザーバーでもあり、親と子に寄り添ったアドバイスをしてくださるとてもステキな先生です。養護学校の先生や吹田の通級教室の指導も長年されており、経験豊かなお話が聞けると思います。

年明けから本格的に広報が始まります。ゆう・きっずメンバーにはぜひ参加してもらいたいので、なるべく早めに申し込んでおいてください。まだ先のことなので予定が立たないでしょうが、後日キャンセルしてもペナルティはありません。

申込方法:参加人数と氏名・電話番号を明記してメールにてお申し込みください。
ゆう・きっずメンバーの方はその旨記載してもらえると有難いです。
もちろんメンバーでない方のお申し込みもOKです。
e-mail:sonet_suita@yahoo.co.jp
講演会2016チラシ 001



申込締切 :2016年2月18日(木)
 先着順に受け付け、定員100名に達した場合は締め切らせていただきます。
多数のご参加お待ちしております。


Comment:0  Trackback:0
2015
12.11

ワーキングペアレントの集いのご報告

Category: 定例会
 12月6日(日)、第2回目のワーキングペアレントの集いを開催しました。
 ふだん働いていて平日の定例会に参加できない方にも親の会に参加してもらいたいと始めたこの会ですが、7月に第1回を行い、「ワーキング」にこだわる必要性を感じず、今回は働くママでなくても、とにかく日曜日に出られる方は大いに参加してください、という会になりました。来年度から、ネーミング改めますm(_ _)m

 でも、やはり「ふだんは出られなくて…」という方もいらっしゃって、日曜日開催のこの会の必要性を改めて実感しました。毎日お仕事を頑張って、家に帰ったら子どものお世話。夕飯を大急ぎで準備して、宿題を見たり、兄弟げんかを仲裁したり。ばたばたと1日が終わるともうへとへと…。そしてまた、次の日が朝早くから始まる…。きっとこんな日々を一生懸命に過ごしているお母さん、たくさんいるはず。だから、たまには息抜き、ガス抜きも必要ですよね。この集いがお役に立てたら嬉しいのですが。

 12月には、定例会とランチ会、忘年会など、イベントが目白押し。もちろんすべてに参加はできないでしょうが、この1年間の自分の頑張りへのごほうびに、そして冬休み・年末年始前のパワーの充電に、ぜひどこかで一緒に楽しくおしゃべりする時間を取れたらいいなあ、と思っています。まだ参加申込の受付は続いています。急に時間が空いた!行く気になった!という場合も、直前でも構いませんからご連絡くださいね~。

 さて、今回は、児童発達支援事業所「とことこ」の鳥井先生にアドバイザーとして参加していただきました。
 人数も少なめだったので、1人1人の近況報告や困り事を聞いていきました。そしていつものようにみんなで一緒にその問題を考えていきました。字をきちんと書くことが苦手だという話には「うちも…」という方が多くて鳥井先生にアドバイスをもらったり、不登校の悩みもあり、中にはドッヒャーな学校の先生の対応もあったりと、2時間があっという間に終わりました。
 議事録は会員限定記事でどうぞ。

 鳥井先生に参加していただいて、私はすごく安心感を感じました。先生は一本筋の通った考えを持たれているという印象で、母たちの悩みに対して、常に子どもの立場に立った見方でコメントされていました。「親のため」ではなく「子どものため」にどうするのが良いのか。でもそこに気づくことで、母親は問題への対応方法を一番ストンと納得できたように思いました。

 私は最後に、怖くて子どもの手を離しきれない未熟な部分を突かれて、イタタ…という感じでした(T_T) 「子どもには大いにコケてもらったらいい。そこからどう立ち上がるかを学ぶことが大切」…はい、よくわかってるんです。頭では。ガンバリマス

 実は、親の会にアドバイザーとして専門の先生に入っていただいたのは初めてのこと。私としてはとてもありがたかったので、今後もまた来ていただく機会を設けたいなあ、と思っているのですが、皆さんの感想はいかがでしたか?またお聞かせください。

鳥井先生、本当にありがとうございましたm(_ _)mm(_ _)m   by K.O.


Comment:0  Trackback:0
2015
12.11

ワーキングペアレントの集い(第2回) 議事録

Category: 定例会議事録
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2015
12.04

おもちつきのご案内

Category: お知らせ
夏休み勉強会、キャンプとお世話になった「NPO法人ここ」さんが、次はおもちつきを企画しているそうです!
ゆう・きっずの子どもたちとまた一緒に遊びたいので、ぜひどうぞ!と誘っていただきました。
ちらしを下に掲載しています。

寒い時期ですが、建物内の利用もできるそうなので、暖をとることも十分できます。
おもちつきをして、その後つきたてのおもちをみんなで食べましょう!
楽しそう、おいしそう
  
申込はゆう・きっずで取りまとめますので、ゆう・きっずメールへご連絡ください。人数を明記して。
最寄り駅は阪急上新庄駅です。ちょっと遠いので、なるべく車に乗り合って行けたらいいな、と考えています。後日相談させてください。

ぜひぜひご家族で参加してくださいね~(^^)/  by K.O.

もちつき

Comment:0  Trackback:0
back-to-top