FC2ブログ
2015
07.29

キラキラの夏休みを・・・

夏休みが始まって10日あまり。三食準備でお母さんは大変なシーズンですね。
我が家は長男が長期で出かけており、夏休みの半分は不在で少し寂しい夏を過ごしています。

わが子が小学生のころは、毎日べったりの夏休みはくたびれることしか感じなかったけど、中学に入れば、部活で忙しく毎日のように学校へ。三年生は受験勉強でさらに多忙。高校生になれば、それに加えて、研修旅行や短期留学に夏期講習、友達同士で出かけることも増えたり・・・とすっかり家族ばらばらの夏休みとなってしまいます。

家族旅行はもちろん、汗をかきかき市民プールへ行ったり、蝉の羽化を夜通し観察したり、夜の公園で花火をしたり、そんな夏がすでに懐かしく胸がきゅんとなります。当の長男も「毎年、海水浴に行く前の夜、嬉しくて眠れなかったなぁ。あんな夏ってもう来ないねんなぁ・・・。」と感慨深げ。
小さいお子さんとてんてこ舞いの夏休みのお過ごしのお母さん方、そんな夏も数えるほどしか過ごせません。今しかできない、きらきらした夏休みを過ごしてくださいね。

BBQ2.png

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
07.28

暑い、熱い、バーベキュー(^o^)

Category: イベント
 7月26日(日)、ゆう・きっずイベントの第一弾、バーベキューが無事終了しました。
 暑い一日でしたが、総勢37名のたくさんの方に集まっていただき、楽しい時間を過ごせたことに感謝しています。

【水遊び】
 子ども達は、凸凹ちゃんも、その兄弟姉妹たちも一緒になってよく遊んでいました。
 やはりこの暑い時には水遊びが大人気で、水鉄砲で水を掛け合ったり、200個準備していた水風船はあっという間になくなってしまい…もちろんその頃には子ども達の服はびちょびちょ。

 今回はお父さんも数名参加してくださっていたのですが、お父さんが入るとこれまた大盛り上がり。みんなでお父さんを追いかけ回して水鉄砲で狙い撃ち。お父さんもびちょびちょ。

 こういう遊びではやっぱりお父さんのありがたさを感じます。子ども達の嬉しそうな笑顔がキラキラ輝いていて、見ているこちらまで笑顔をもらいました。

【シャボン玉】
 もう1つの遊びとして、シャボン玉を用意したのです。

 実はこのシャボン玉液、自家製でした。去年の夏の自由研究で、わが家の長男が割れにくいシャボン玉作りに挑戦したときに初めて作ったのですが、その時は大きな筒型のシャボン玉が数メートルの長さにまでできていました。今回もそれをねらったのですが、材料の違いか、配合が微妙に違ったのか、前ほどに強いシャボン玉にならず残念でした。

 それでも市販の液程度の強さはあったようで、たくさんのシャボン玉が飛んでいました。子ども達も楽しんでくれたかな?
DSC_0137.jpg


【お昼ご飯】
 お昼は焼きそば。
 ちゃんと炭をいこして、焼きそばプレートで焼いたのですが、バーベキューというイメージではなかったらしく、「え?バーベキューじゃないの!?」と戸惑った子たちもいた様子。ごめんなさい。やっぱり、バーベキューと言うからには、お肉焼かないとダメかあ~。去年はばっちりお肉焼いたんだけど、けっこう準備も大変、焼く人もつきっきりで大変、今年はなるべく簡単に、と焼きそばにしたのですが…これは来年への課題とさせていただきますm(_ _)m

【焼きマシュマロ】
 デザートとして、炭の残り火で焼きマシュマロをしました。
 マシュマロを串に刺して、炭火にかざしてじっくり焼くと、ほんのり薄茶色に焼き色がつきます。この微妙なタイミングが難しい!やり過ぎると、突然ぼっと燃えて真っ黒こげのマシュマロに…。
 子どもたちも自分で挑戦。串刺しのマシュマロを手にみんな慎重に焼いていました。
 焼きマシュマロはそのまま食べても、とろりと甘くておいしいのですが、今回は板チョコとクラッカーと準備しました。熱々のマシュマロにチョコを乗せ、それをクラッカーで挟んで食べると、ほどよくチョコが溶けて絶妙のお味(^o^)

 マシュマロ、かなりたくさん準備していたのですが、あっという間になくなりました。私はチョコやクラッカーの包装をはずすのに必死。たくさんの小さな手がマシュマロに伸びているのを、とっても嬉しく思いました。

【ゆうきっずたち】
 あるママが「みんな、とってもフツーだよね」と。
 そうですね、遊んでいる様子を見ている限り、伸び伸びと楽しそうに過ごしていて、初めて会う子も多いのに仲良く遊べていました。凸凹を抱える子たちには全く見えません。
 「ルールがないから?」「環境がいいのかな(^^)」と笑いながらも、子ども同士でこうやって楽しく過ごし、つながっていく機会を作る大切さを感じました。

 中には、服が濡れた…と凹んでしまってなかなか立ち直れなかった子や、遊びに入りにくかった子、途中で人の多さにしんどくなってしまった子などなど、全員がフルパワーで遊んだわけではありませんが、それもありです。
 実際、去年は遊びに参加しようとしなかった子が、今年はむっちゃ遊んでるやん!という成長も見られたことを考えると、1回1回の経験は、たとえ遊びを見ているだけでも、その子の中ではちゃあんと蓄積されているのではないかな、と思っています。
 親からすると、せっかく来たのになんで…と歯がゆく感じるかもしれませんが、それも許されるのがゆう・きっずの集まりです。

【御礼】
 参加してくださったメンバーさんそれぞれに、いろんなお手伝いを自発的にしていただいて、大変感謝しています。焼きそばを焼いたり、子どもたちの遊びの見守りをしてもらったり、最後のお掃除・片付けまで、こういう集まりは、みなさんの助力なしには成り立ちません。また、たくさん子どもと遊んでくださったお父さん、重い荷物を運んでくださったお父さん、本当にありがとうございました。お父さんたちの参加がとても嬉しかったです!

 次は夏休み勉強会、10月の泊キャンプへのご参加もお待ちしています!   by K.O.


 
Comment:2  Trackback:0
2015
07.15

夏休みイベントのおしらせ BBQ&勉強会

Category: お知らせ


Comment:0  Trackback:0
2015
07.14

ワーキングペアレントの集い議事録(2015/7) 会員限定記事

Category: 定例会議事録
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2015
07.14

WPの集いのご報告

Category: 定例会
ゆう・きっずが始動して一年半。はじめは小さな集まりだったゆう・きっずも幅広い年代のメンバーが集まり、少しづつつながりが大きくなってきています。
定例会は通常平日の日中に行っているため、同じ悩みを持つワーキングマザー・ファーザーにとっては参加しにくいものでした。しかしながら、市の公益活動補助金をいただいている身としては、どんな条件のママ・パパにもウエルカムでありたい、と思っていました。そこで、今回、初めて日曜日に「ワーキングペアレントの集い」を開催する運びとなりました。

ということで、去る7月12日、夢つながりみらい館で11名のワーキングマザーと初めての集いを持ちました。会員登録はしているけれど普段は仕事で参加が難しい方や、今回初めて参加してくださる方もありました。こどもの状態が不安定だと仕事をセーブしないといけない・・・、放課後ディや学童保育をどうするか・・・などのワーキングマザーならではの悩みや、気になっていたこと、知りたかったことなど、参加者同士で情報の交換もでき、あっという間の二時間でした。

仕事を持っている・いないにかかわらず、凸凹児への悩みは同じです。今後も定期的にこのような機会を持ちたいと考えています。次回はまだ未定ですが、参加希望の方がありましたら、メールなどでお知らせください。

ブレイクタイムには松竹堂さんのフルーツ餅を。こちらはパイナップルとメロン(^-^)
DSC_0105.jpg

★議事録掲載中★ 会員の方には別記事の議事録をご覧いただけます。パスワードを入力してお進みください。
by.M.I.

Comment:0  Trackback:0
2015
07.10

第21回(2015/7)定例会 議事録 会員限定記事

Category: 定例会議事録
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2015
07.09

7月の定例会のご報告

Category: 定例会
じめじめとした暑さが続いています。梅雨明けはまだのようですが、今年初めての蝉の声を聞きました。夏本番はすぐそこのようです。
さて、7月7日七夕の日に7月の定例会を開催しました。今月は学習会。
吹田市朝日町で心療内科・児童精神科の「有希クリニック」を開かれている鬼頭有代先生を講師に迎え、「発達障害に向かって医療ができること」をテーマにお話しいただきました。

評判がよくなかなか予約が取れないことでも有名なDRのお話が聞けるとあって、私たちスタッフもとても楽しみにこの日を迎えました。当日は30名弱のメンバーが集まり、熱心にお話に聞き入っていました。

DSC_0099 (400x240)


お話はどれもそうそう・・・とうなずける内容で、またその口調もとても穏やかで、全てのお話がすっと胸に落ちてくるようでした。


個人的な感想を少し・・・。療育・支援・治療は周りの人間それぞれがチームとなって同じベクトルに向かわなくては逆効果、という言葉には私自身猛反省。家族も学校もそれぞれがそれぞれの想いで一生懸命にやっていても、一生懸命=いい効果にはならない、ということを認識しなくてはダメだな、と感じました。(頑張ってる、ってことで満足しがち 苦笑)でも、その中でやっぱり主導権を持つのはお母さん。つまり私たち自身がしっかりと子どもと向き合い、必要なサポートを見極めなくてはならないんだ、ということを再認識。正直、負担は大きいけど、ゆう・きっずでお互いに学び、励ましあい、わが子=”スペクトラム児のよき理解者となるために”頑張ろう、とエールをもらったような学習会でした。鬼頭先生、ありがとうございました。
DSC_0098.jpg

By.M.I.

  ☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡 おしらせ ☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
①7月26日(日)にゆう・きっずファミリーバーベキューを開催します!
集団との関わりに不安のあるお子さんも心配無用。凸凹きっずが集まるので、遠慮はなし。お父さんや兄弟の参加も大歓迎です!水鉄砲や巨大シャボン玉にも挑戦します。
ファミリーで楽しむのはもちろんですが、他のお子さんを目にすることでわが子との関わりの様子や、わが子の良いところを再発見できるチャンスです。多数のご参加をお待ちしています!

②8月17日(月)に夏休み宿題勉強会を開催します!
NPO法人「ここ」のお兄さん・お姉さんが宿題のサポートをしてくれます。夏休みの終わりにしっかりと宿題を片付けてしまいましょう!仲間と一緒なら頑張れるかも?!

場所や費用など詳しい内容はお問い合わせください。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top