2014
11.27

講演会のお知らせ

Category: お知らせ
ゆう・きっずでは来年1月24日に会員以外の方にも広く発達障がいを理解してもらうための講演会をNPO法人なの花さんと共催で行うことになりました。

講師は広野ゆいさんです。広野さんはNPO法人発達障害をもつ大人の会の代表を務められているADHD当事者。なかなか聞くことのできない当事者からのメッセージに耳を傾けてみませんか?ゆう・きっずたちの世界を理解する手立てとなることと思います。
普段の定例会には出席できないお仕事をお持ちの方、お父さん、教育・支援関係者など会員以外の方も広く参加いただけると嬉しいです。
申込みはメールにてお願いいたします。youkids2013@gmail.com 宛に「講演会参加申し込み」としてお申し込みください。先着順で受け付けます。
たくさんのご来場、お待ちしております!

001 25

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
11.27

なの花&ゆうきっず 親子キャンプ

 11月23日、24日に、北千里のわくわくの郷にて、なの花&ゆう・きっずの親子キャンプを行いました。去年はなの花さん単独でされていたのですが、今年はゆう・きっずも一緒に!と合同キャンプ。キャンプといっても本館泊まりなので、お泊まり会みたいなものです。参加人数は46名。お父さん、お母さん、兄弟たちも参加し、重い自閉っ子も、高機能の子も、兄弟たち健常児も、みんな一緒にごちゃまぜキャンプ。どんな遊びをしたのか、ちょっとご紹介を。

 最初に「だるまさんがころんだ」をしました。子どもたちは、どれぐらい参加してくれるのかな~?とちょっと心配していましたが、けっこうノリがよく、オニが振り返るとピタッと止まってくれていました。最後はオニのそばにつり下げた鈴を鳴らしてゴール!嬉しそうに鈴を鳴らしている子たちが可愛かった~。
 その後、「しっぽとり」こちらはちょっと大きい子向けだったかな。しっぽを取られても、すぐに陣地に戻ってしっぽの補充ができるというルールにして、負けるのが苦手な子も続けて参加できるようにしました。
 「人形かくれんぼ」これは結構盛り上がったな~(^o^) ウルトラマン&怪獣の人形30体を野外食堂内に隠し、相手チームが探す、という遊び。実はわが家の子どもたちが大好きな遊びで、お父さんがいる休日の夜に家の中でよくやっています。かくれんぼが終わった後も、「もう1回やりたい~」と言ってくれる子、延々と人形で遊び続けている子、気に入ってくれてありがとう!

その後は、北公園に出てミニ・オリエンテーリング。4つのポイントでそれぞれ与えられるミッションを班メンバーで力を合わせてクリアすると、メンバー表にシールを貼ってもらえて、おやつをゲットできる、というルール。歌を歌ったり、ボールを運んだり、松ぼっくりで玉入れしたり、エア大縄跳びに挑戦したり。もちろん、中には参加が難しい子もいるんですよ。でも、それでもいいのです。お兄ちゃんたちがやっている姿を見ることも経験。パパやママも子どもたちを盛り上げるように積極的に参加してくれていたのが、ステキでした。
 夕食のカレー作り、キャンドルファイヤー、2日目には松ぼっくりツリー作りをして、午前10時の退所まで、充実のキャンプでした。
oo.jpg

ca.jpg



 私は「みんな」という言葉が苦手です。小学校のクラス便りで「みんな頑張っていました」なんて書いてあると「うちの子は参加してないしな…」と「みんな」の中に入れていない息子の存在を否定されたような気分になってしまいます。今回のキャンプも、決して「みんな」が楽しく参加していたわけではありません。慣れない環境に泣き叫ぶ自閉っ子もいましたし、なかなか遊びに参加できないゆうきっずもいました。でも、だんだんと調子が出てきた子、自分の好きな遊びだけちょこっと参加して楽しんだ子、他の自分の興味ある世界に没頭していた子…いろいろなのですが、子どもたちにとって、次につながる良い経験となっていることを願っています。そして、勇気をもってこのキャンプに参加してくださったお父さん、お母さん、子どもたちに、深く深く感謝しています。
 重い自閉症のお子さんを持つママ&パパたちの大変さも、初めて目の当たりにしました。たぶん今でも本当の苦労は理解できていないと思いますが、でも私にとっては最初の第一歩。なの花ママたちの明るさ、さわやかさ、そして他の子たちにもわが子同然に声をかけている姿に、絆の強さを感じました。ゆう・きっずママも、だんだんと親しく打ち解けつつあるこのごろ。こちらも、もっともっとつながっていきましょう!

 来年もぜひ行きたいです!絶対行きたいっ!私にとっても良い経験となった親子キャンプでした。 by K.O.
024.jpg




Comment:1  Trackback:0
2014
11.23

第13回(2014/11)定例会議事録 会員限定記事

Category: 定例会議事録
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2014
11.23

11月の定例会報告

Category: 定例会
行楽日和の三連休。 先週までの寒さも少し緩んで、紅葉も見ごろ。
自然の中へお出かけの方も多いことでしょう。

さて、去る21日金曜日に11月のゆう・きっず定例会を行いました。
今月の参加者は10名。
久しぶりの親だけの会でこじんまりした人数だし、今日はゆっくりお話しできるね~という
予想に反し、結局いつも通り、時間押しになってしまいました。

今回は進学を控え、この先のサポートについて悩んでおられる方、
同じ立場でのつながりを求めていられる方など、3名の方が初めて参加してくださいました。
(加えて吹田市の市民公益活動促進補助金を受けている関係で、市から5名の方が活動の様子を見に来られていました)

それぞれの近況報告では、この長い二学期、次々とやってくる学校行事に飲み込まれて?不登校気味という方が目立ちました。確かに学校行事、多すぎるんじゃないかなぁ・・・と個人的にも思います。高学年ではそのクオリティにもかなりのレベルが求められるので、児童の負担も大きいです。なんとかならないのかなぁ??

そしてこれは私の感想になりますが、嬉しかったことが二つ。
一つはこのブログからゆう・きっずを知ってくださり、参加してみようと来てくださった方があったこと。
一人で知らないところに飛び込むのは勇気要りますよね~。よくお越しくださいました!ちょっとでも不安や悩みを吐き出して、軽い気持ちになって帰ってもらえていたら嬉しいのですが。

もう一つは、今特に悩みや困りごとはないけど、今日は他の方のお話を聞きに来てみた、と言ってくださった方があったこと。
親の会では、いろんな経験談や情報のやり取りはありますが、解決方法や正解をお伝えすることはできません。でも、”もやもや”を言葉にすること、他人に聞いてもらうことで、自分の悩みやしんどさが客観的に見えたり、薄れることがあるのは本当。だから「話したい」人はもちろんですが、「聞いてあげたい」と思ってくださる方があるのもすごく有難いことです。学習会や講演会での学びも価値があるけど、親の会でのこういったつながりこそ、ゆう・きっずの良さなんじゃないかな、と感じた11月の定例会でした。

しんどさを抱えた方も、それを乗り越えて誰かに寄り添ってあげたい方も
これからもゆう・きっずでつながっていきましょう♪

そうそう、サブテーマでもあった「おすすめの本」の紹介ですが、時間が足りず、急ぎ足でしか紹介できませんでした。
ブログでまとめて、順次紹介していきますので、そちらもご覧くださいね。

■■■今後の定例会の予定■■■

★12月5日(金)見学会&忘年会ランチ
    …発達支援センター青空   申込み締切11月30日
★1月16日(金)10:30~
 吹田山田 夢つながり未来館
   …親の会「小学校ってどんな感じ?」
★1月24日(土)14:30~
 吹田山田 夢つながり未来館
   …講演会 講師:広野ゆい氏  先着順にて申込み受付中
★2月13日(金)10:30~
 吹田山田 夢つながり未来館
   …学習会 講師:Viewぷらす鳥井氏

 すべての参加申し込みはyoukids2013@gmail.com まで

by.M.I.
Comment:0  Trackback:0
2014
11.17

復活します(^^;)

 私がブログを書くのは本当に久しぶり。確認してみると、9月21日ぶりです。9月といえば、息子がどんどん学校に行けなくなってしまった時期でした。約半年ぶりの登校しぶり。運動会という大イベントの負担が一番の原因だったと思いますが、他にもいろいろ重なっている様子で、日々転げ落ちるように調子を落としていく息子を見ているのはなかなかに辛いことでした。時にはもうちょっと頑張れるのではないかとこちらが求めると、親子バトルが始まってしまうこともあり、気持ちの余裕がない日々でした。
 運動会が終わっても、状況は好転せず、でもその中で、1日1回は学校へ行こう、という目標だけは守るようにしていきました。最初は放課後に担任の先生に会いに行くだけのことも。1時間だけ先生と音楽会のリコーダーの練習をしたり、時には授業に出てみたり。今は少し上向いてきた様子で、1日2時間が目標になっています。
 でもね~、その変則な学校生活、通常の登下校時間以外は親の送迎がいるんですよ。小学校からそう言われています。私の生活は、彼の時間割次第…。今は全力で支えていこうと考えていますが、一方で、私が働いていて送迎できなかったら彼はどうなっているんだろう?と疑問に思うことがあります。ここでも「母親が何とかするべき」という前提で成り立っている現状の厳しさを感じます。
 さて、そんなこんなでブログが書けなかったという言い訳ですが、少し間が空いてしまうと、何だか大層なテーマがないと書くきっかけがないような気になってしまい、さらに遠ざかっていました。でも、本来もっと気楽に情報発信をしたくて始めたブログ。コチコチに固まったままではいつまでも書けそうにありません。また今日から新たな気持ちで再開しますね。よろしくお願いします。  by K.O.


Comment:0  Trackback:0
back-to-top