FC2ブログ
2014
08.30

View ぷらす主催の勉強会に参加して

 今日は千里丘まで、NPO法人Viewぷらすさんの勉強会に行ってきました。「知能検査の見方と生かし方」というテーマで、臨床心理士の木村司さんによる全4回の連続講座です。今日はその第1回目「検査結果からわかること」。
 いろいろな意味で、驚きの多い勉強会でした。
 まずは、参加者の立場が多様であること。保護者の方が対象なのかと思っていましたが、それだけではなく、心理士を目指している大学院生、子育て広場の先生、学習支援をしている方や大学生さん…。多くの方が発達障がいに関心を寄せて、学ぼうという気持ちを持っていてくださることを有り難いと感じました。
 それから、参加型勉強会であること。自己紹介あり、今の気分を色で表す課題もあり、最初からイヤ~な予感はしていたのですが…(^^;) 30分ほどの講義の後、実際に検査の模擬体験があり、その感想をグループ討論、さらにその内容を全体でシェアする時間もあって、充実度200%です。
 引っ込み思案な私(!?)にはハードルが高かったのですが、でも確かに理解は深まりました。特に、検査の模擬体験。私は「検査を受ける人」の役をしましたが、模擬であっても「わからなかったらどうしよう」「変な答えを言ったらかっこ悪いなぁ…」と不安な気持ちが高まります。最後の方はかなり問題レベルも高く、知識や抽象的概念が求められました。知能検査って、こんなに難しかったんだ…とびっくり。後半、小学生にはとうてい答えられない問題が並んでおり、実際の検査時には、きっと「できない」「わからない」の連続になってしまうのだろうと想像されました。わが息子も受けていますが、普段は宿題でもわからないとすぐにキレてしまうタイプ。それがストレスに耐えながら検査を受けたんだ~、と初めて思いやることができました。疲れ方も想像以上で、帰宅途中で買い物をしたときも、買い忘れやら車の駐車場所を間違えるやら、散々な集中力でした。きっと息子も…。体験して初めて見えてくることって、ありますね。連続講座なので、きっと今日の内容はまだまだ序盤。あと3回、頑張ります!

 勉強会の後、代表の鳥井さんと初めてお話をさせていただきました。まだお若いのですが、頼りがいのありそうな、安心できる雰囲気をお持ちの方です。Viewぷらすさんは、【未就学児を対象とした療育】【学齢期の訪問型学習支援・居場所作り】【当事者・親・支援者への相談事業】を柱に活動されています。同じく親の会の「なの花」さんとともに、いろんな質問をして、会のメンバーの支援にどうつなげていけるかを確認しました。私たちがふだん感じている希望-こんな支援がほしいとか、こういうことで困っている方がいるのでサポートがほしいなど、たくさんお話してきました。きっと鳥井さん、たじっと困られたでしょうね。でも、しっかりとお話を受け止めてくださいました。何もすぐに新しい支援を始めてほしいと言っているわけではないのです。でも、親の側のニーズや困り事を伝えていくことが、何事も第一歩。

 図々しくも、ゆう・きっず定例会の講師もお願いしてきました。鳥井さんは、以前他市の教育センターで教育相談員をされていたそうで、学齢の様々な相談への解決のヒントをご存じだと思います。楽しみ!

 鳥井様、講師の木村様、スタッフの皆様、今日は大変勉強になりました。ありがとうございました。 by K.O.
 
 



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
08.26

2学期の始まり

 ブログを書くのは久しぶりです。夏休みでバタバタ忙しかったというのもありますが、実は、私、ぎっくり腰やっちゃいまして。父親の盆休みに、家族で姫路セントラルパークに行ったのですが、車を降りて、お手洗いに行き、手を洗おうとかがんだ瞬間、腰がピキッと。「ヤバイ…」とは思ったのです。まだゲートも通過していない時でしたが、今更引き返すことを子どもたちが許すはずもなく、何とか頑張ろうとお付き合いしましたが、結局痛みが増して腰が曲がり、道路ばかりを見ながらおばあちゃん歩き。遊園地ではかなり目立ちましたね~。そんな地獄の遊園地巡りが祟ったのか、いつになく痛みが長引きました(歳のせい!?)。ようやく昨日あたりから、普通の生活が送れるようになったところです。

 さて、小学校は夏休みが終わり、2学期が始まりました。2学期って長いですよね。それに大きな行事が多く、結構大変。これからしばらくは運動会の練習が続きます。うちの息子にとっては、一番苦手な時期です。ほぼ毎年、運動会前は沈みます。低学年の時は、体調不良として出てきていました。熱が出たり、嘔吐が続いたり。学年が上がると、登校しぶり。去年のこの時期は、ほとんど授業に参加できていませんでした。今年は6年生。一体どうなるのでしょう?昨日の始業式には出席しましたが、今日は2日目にして欠席。朝1時間半ぐらいかけて話をしましたが、結局ダメで…。母、どっと疲れる「早く夏休みが終わらんかな~」と思っていたのですが、そうそう、学校が始まってもしんどいのだったわと、今日思い出しました。
 まずはこれから運動会までの1か月間を(母の)特別努力月間とします。担任の先生や本人と相談を重ねながら、まずは登校すること、そして運動会にどのように参加していくのか、考えていきたいと思います。
 運動会の組体操は「華」ですよね。みんなが一つになって作り上げる演技は、見る者に感動を与えてくれます。私も大好きなのですが、でも一方で、それが大きな負担となって学校に行くのが辛くなってしまう息子のことを考えると、胸が切なく痛みます。「何でみんなと同じように頑張れないんだろう」という気持ちも正直あります。でも「組体操ができないからって、大人になって何か困ることありますか!?(前回講師の坂浦さんの言葉を思い出して)」と開き直る気持ちもあります。そうやって日々揺れながら、母は運動会までがんばります。
by K.O.


Comment:0  Trackback:0
2014
08.15

夏ならではの読書のおすすめ

小学生の次男は夏休みの宿題も完成させないまま、毎日読書ざんまい。
ハリーポッターシリーズ制覇に挑戦中です。そういえば、長男も小6の夏にはまっていましたね~。
ハリーポッターシリーズは小学生の間にぜひ読んでほしい本だと思っています。これまでそう読書力が高いと思っていなかった次男も歳相応の本に興味を持ってきていることを嬉しく思っています。
長編ならではのはまり込む感じ、分厚い本を読み切った達成感を小学生の間にぜひ知っておいてほしいな。だって中学生になったら長編なんて読む時間全くありません

私の印象では、発達に凸凹を持つ子たちは比較的本が好きな子が多いと思うのですが
皆さんのお子さんはどうでしょうか?
もし、あんまり本が好きなじゃいんだけどどうしたら本を読むようになりますか?というご家庭があればいい方法をお教えしましょう!
まず親が面白がって本を読む、そして興味のありそうな本を家に置いておく、の二点のみ。
そうすれば、薦めなくても、きっとこどもも自然と本を手にするようになりますよ。

小さいお子さんの場合は「読んで」と言われたら、何度でも読んであげるのをおすすめします。「もう一人で字が読めるのに・・・」「自分で読めるようになってほしい・・・」なんて考えるのはナンセンス。字面を追えることと、物語の世界に入ることの二つを同時に出来るようになるのは結構後からです。
あと、よく「図鑑ばっかりで読み物を読まない・・・」という声も聞きますが、図鑑ばっかりで結構!どんな本でも、本を広げて知識を広げる、想像を膨らませる楽しさを子供の間にぜひ知っておいてほしいと思います。

我が家の息子たちがハリーポッターにはまったのは当然映画から。映画は読書へのいいきっかけになりますよね。DVDなどでも興味を持った作品に原作があるときにはぜひ図書館へ行って親子で原作も楽しんでみるといいですよね。原作がなくてもドラえもんなどはノベライズされている作品もいろいろあります。
テレビでやってた映画の原作を図書館で借りておく、教科書に出てきた作者の別の作品を借りておく、などは親ができる子どもを読書好きにさせる簡単な技です
長い夏休みだからこそ読める本を親子で楽しんではいかがですか?

By M.I.


Comment:0  Trackback:0
2014
08.11

高校野球に思うこと

台風で延期になっていた夏の高校野球大会が始まりましたね。
高校球児ってもの心ついた頃にはずっと大人なお兄さんで、いつの間にか同世代になって
あれよあれよという間にみんな年下!になり、気が付けば、なんと息子とほぼ同世代(驚愕)。
とにもかくにも、高校野球はお盆や花火大会と並んで日本の夏に欠かせない風物詩ですね。

主催の朝日新聞の朝刊には予選の時から毎日大阪大会の様子が記事になっていました。
(私は今年初めて気づいたんですけどきっと毎年あるんでしょうね ^^ゞ)
野球部を有する府下全高校が戦うわけですから、野球音痴の私でも知っている強豪校だけでなく、近所のあの高校にも、○○さんとこの娘さんが通ってるあの高校にもスポットライトが当たり、それぞれの学校のドラマが紙面で繰り広げられていました。そこに描かれる熱い友情や監督の思い、高校生のスポーツマンシップに胸が熱くなり、毎日、朝から新聞を広げて号泣していた私です。
勝ち進むことも素晴らしいけど、負けた者にもそれぞれにドラマがあり、負けなければ得られないこともきっとたくさん得て、球児たちは青春の一ページを閉じていったことでしょう。

「今日まで野球を続けてきてくれてありがとう。」予選敗退チームのあるお母さんの言葉です。親心が一言に表現されていてこれにも、もらい泣き。
私ごとながら、中3の息子が先日の試合をもって部活を引退しました。決してスポーツが得意な子ではなかったけれど、2年数か月毎日毎日土埃にまみれて頑張ってきました。
最後になるかもしれない試合の前日、初めて「試合見に来てもいいよ」と言ってくれました。
初めて見た息子の試合。結果は負けだったけど、それまでの道のりを知っている私にはとても誇らしく見えました。
帰宅後、「今日までありがとう。」とボソッと言ってくれた一言に、目頭が熱くなり台所へ駈け込んだ母でした。

先のお母さんの言葉同様に、こどもが努力をし続けてくれている姿に、親は励まされて、力をもらっていることを痛感しました。
好きなことでも、嫌いなことでも、わが子が何かを続けていくことには親のサポートは欠かせないですよね。
道半ばでは、なんでこんな大変なことしなくちゃ(させなくちゃ)、いけないの?と苦悩することも多々ありますが、頑張ってきたことを、振り返ってほめてあげられる日もきっと来るはず。それぞれの子のペースでいいから、努力を続けていける子になってほしいものですね。

By M.I.
Comment:0  Trackback:0
2014
08.02

夏休みどっぷり

 こちら、どっぷり夏休みです。
 例えば「あ、給食の白衣、洗濯できたから、アイロンかけておこう」…と思って、はや10日間…。「この段ボール箱、邪魔!早くつぶして、ひもで縛っちゃおう」…でもいまだ目の前に存在する段ボール箱…。何だか万事がこんな状態で、一体何をしてるんだか。子どもの相手に、ご飯の支度に追われて、はあはあと肩で息しながら毎日を過ごしている気がします。
 でも、自由研究のために、セミの幼虫探しに夜の公園へ出かけたり(私も初めてセミの羽化を見ました!)、市民プールに連れて行って一緒に遊んだり(末っ子がまだ小さいので、母も一緒にプールに入ってます)、逆立ちの練習に励んだりと、夏休みにしかできない楽しい毎日でもあります。長男はもう小6。こんなふうに一緒に遊ぶのは、もしかして今年限りかも、という気もしています。
 実家の母が、よく言っています。「賑やかでいいねぇ。うらやましいわ。何にもすることがないのって辛いのよ。寂しいわぁ。」…少し前までは、自分があまりに必死だったのでピンとこなかったのですが、今になって少しわかるような気がします。息子3人が、それぞれに大きくなり、自分の世界を持ち、母とほとんど口もきいてくれないような日が来たら…きっと今のこの毎日が、何とも愛おしく、懐かしく思い出されるのでしょう。その時に、後悔の気持ちだけは持たないようにしたいなあ。
 ゆう・きっずママ、毎日子どもと顔をつきあわせている夏休み、ストレスも溜まるし、大変でしょうけど、お互いにがんばりましょうね。きっと今だけの大切な時間だと思うから…。   by K.O.


Comment:0  Trackback:0
back-to-top