FC2ブログ
2015
11.07

親子キャンプ、大成功!

Category: イベント
 10月31日(土)~11月1日(日)に、北千里のわくわくの郷にて、なの花&ゆう・きっず共催の親子キャンプをおこないました。参加者50名!たくさんのご参加、ありがとうございました。

 今年は、NPO法人ここのお兄さん、お姉さんが7名参加してくれました。この若者パワーが素晴らしかった!子どもたちは、若いお兄さん、お姉さんが大好きですね。一緒に遊び、甘え、ずっとついて回っている子も。ここスタッフさん、子どもたちに全力で応えてくれていました。一緒にハアハア言いながら走り回るのって、母親にはなかなかできませんよね。有り難かったです。
 
 去年は、活動に参加できなかったり、泣いたりぐずったりする子も結構見られたのですが、今年は…みんな、すごい!ちゃんと班活動が成り立っていました。北千里公園まで足を伸ばして、ポイントハイクもしたのですが、グループでまとまってポイントを回り、力を合わせてミッションに取り組んでいましたよ。
写真は、体でひらがな2文字を書いています。「とら」。かわいいでしょ。
unnamed2


ポイントハイクでは、ミッションクリアすると、妖怪のカードを渡され、その名前を書いていくと、お菓子ゲットのための暗号がわかる、という設定。
unnamed3

 1年間の子どもたちの成長は大きいですね。なの花の自閉っ子たちも、ずいぶんしっかりしていて、驚きました。毎日見ている母には、なかなか子どもの成長ってわかりにくいものですが、1年単位で見ると、日々の生活や療育って、大きな力を持っていると感じます。
 そして、ここさんが上手に引っ張ってくれたのも、子どもたちが元気に楽しく班活動ができた一因です。レクに始まって、カレー作り、キャンドルファイヤー、そして男の子のお風呂の補助までしていただいて、感謝、感謝です。

 ここのお姉さん、帰りながら泣いてたそうです。お兄さんは「毎日が今日ぐらい楽しかったら、1年で死んでもいい」と言ってたとも聞きました。その純粋さと、自分自身が心から楽しんでくれたことをとても嬉しく思いました。若いって、いいですね。

 今回、ふだんの学校生活でうまくいってない子もけっこう参加してくれていました。不登校になっていたり、先生にうまく理解してもらえていなくて辛い思いをしていたり。固い表情の子もいましたが、お泊まりって魔法のような力をもっているのでしょうか。2日目にふと見ると、とっても穏やかないい表情をしていて、ちゃんと他の子と関わり、楽しそうに笑ってる!もう私、嬉しくて胸がいっぱいになりました。こういう瞬間に、やってよかった、という充実感・幸福感をもらいます。本当にありがとうね。

もう1人、ゆう・きっずスタッフがキャンプの様子や感想を綴ってくれたので、以下に掲載します。キャンプの様子がとてもよく分かると思います。お泊まりに不安を感じる方も、ぜひ来年の参加にチャレンジしてみてくださいね! by K.O.

↓↓↓

キャンプを終えて

まずは我が子のこと。
長男、
昨年はおやつタイムまではまったく参加できず放浪。何をしたらよいかわからない、することがないと不満たらたら途方にくれておりました。親もイライラ。

今年は、最初の遊びから参加できました。だるまさんがころんだでは小さな子向きのルールなので、途中つまらない飽きた!!などと不満をいいつつも、しっぽとりでは楽しく走り回りました。

公園でのゲームではここのお姉さんと班での行動。ここさんは身体をいっぱい使って遊ぶいっぽうで、ひとりになっている子にもさりげなく声かけをしながら、かつ無理強いもせずに見守ったり。温かくやさしさを感じました。随時メンバーがはぐれてないかもチェックしてくれてました。

ゲームをみんなでクリアしたあとはおにごっこしたりとなかなか激しい遊び。
親はなかなかついていけないくらいに遊んでました。

おやつをはさんでからはカレーつくり。
料理したい子と火の番が大好きな子達が大活躍です。
野菜の切り方で大きいだのそのままでよいだのちょっと意見の衝突もあり。

火の神様は成長しました!!去年は火の番をかなり激しく取り合ったものでしたが、ここでも少々もめつつも概ねスムーズ。
とってもおいしくできて、おなかぺこぺこで親子、ここさんみんなおかわりがっつりたべました。

外遊びな気分じゃない子用に、本館にブロックやラキュー、オセロなどを準備しておきました。
今年は外遊びにかなり参加できてるので、不要だったかしら?片付けようかと思っていたら、疲れちゃったであろう幼児たちの遊び場になってました。
積み木とブロックを組み合わせたりとなかなか面白い遊び方をしてましたよ。

キャンドルファイヤーは長男は音に過敏な為途中退場。疲れてきたら、我慢も難しくなるので、クールダウンも必要です。できないことは無理しないで部屋で少しやすみました。
これを気兼ねせずにできるのが、ゆうきっずの良さだと思っています。

お風呂に入った後は、時間を決めてまくらなげ。
ずっと固い表情だった子もここらになると、ずいぶん表情がやわらいできました。
遊び疲れてコロリと眠る子が大半でした。

一晩一緒に過ごすって大きいですね。
いつの間にか仲良くなってニコニコ笑顔がでてきて感動しました。

次男はずっと楽しくて、一晩だけというのに不満なくらいに満喫しました。

夜には親たちだけの交流会も。去年はばかばかしい話もして大笑いだったりも。
今年は普段参加しにくい方もきてくれたので、まじめな話を中心に語り合いました。
違う学校だからこその情報交換。みなが同じような思いを持ちながらですから、互いに励まし合って、一緒に解決策を考えたり、味方でありたいとおもいます。気晴らしに美味しいコーヒー飲みにいこうね!!とアドレス交換したりも。

そして今回大活躍だったここさんには、感謝感謝でお礼を申し上げたいと思います。
盛り上げたり、心配りをみせてくれたり。
若者かなりやるやん!!
と頼もしくありがたくおもいました。
ここさんお疲れ様でした。これからもよろしくお願いします。

S.M

Comment:0  Trackback:0
2015
09.21

なかよしキャンプのおさそい

Category: イベント
世紀の?大連休となった今年のシルバーウイークですが、皆さんも楽しくお過ごしですか?
天候にも恵まれお出かけ日和が続いています。
ゆう・きっずからも野外活動に最適なこのシーズンにぴったりなイベントのご案内です。
ただいま参加者大募集中!
ご家族そろって、秋の一日を満喫しましょう。多数のご参加をお待ちしています。
IMG_0541.jpg

参加申込みはメールにて ゆう・きっず youkids2013@gmail.com まで!
Comment:1  Trackback:0
2015
08.27

夏休み勉強会を終えて

Category: イベント
 ようやく夏休みが終わりましたね。まだしばらくは短縮授業とはいえ、フリーズしていた様々な仕事にも少しずつ手をつけられるようになりました。気になっていた夏休み勉強会のご報告、やっとできます(^^)

 8月17日(月)の午後、ゆう・きっずの夏休み勉強会ということで、子どもたちに夏休みの宿題や問題集を持って集まってもらいました。今回はNPO法人「ここ」さんとのコラボ。13人の子どもたちに対して、ここスタッフさんが9名も来てくれて、一緒に勉強したり遊んだりしました。
 親の会として子どもたちの学習支援にどう関われるか、というとずいぶん大げさになるのですが、ゆう・きっず初めての「学習」イベントであり、どんなふうになるのか私もドキドキでした。結論としては、やってよかった。いろんな意味で。子どもたちの笑顔にこういう集まりの大切さを確信するとともに、問題点もあり難しさを痛感しました。でも、やってみたからこそ分かったことって、とても大事だと思うのです。まずは一歩踏み出せたことに花マル。
 参加してくださったお母さんたちの感想も含めて、詳しくは会員限定記事でご報告しています。参加されなかった方、ぜひ読んでみてください。そして、次の機会にぜひぜひ参加してみてくださいね。

 ここスタッフの皆さん、ありがとうございました。次は10月末の泊キャンプでお世話になります。今回よりももっと長い時間遊んでもらえるので楽しみですね!子どもたちも「また宿題の会に行く~!」「キャンプはいつ?」とまた会える日を楽しみにしています!!
by K.O.



Comment:0  Trackback:0
2015
08.27

夏休み勉強会のご報告

Category: イベント
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2015
07.28

暑い、熱い、バーベキュー(^o^)

Category: イベント
 7月26日(日)、ゆう・きっずイベントの第一弾、バーベキューが無事終了しました。
 暑い一日でしたが、総勢37名のたくさんの方に集まっていただき、楽しい時間を過ごせたことに感謝しています。

【水遊び】
 子ども達は、凸凹ちゃんも、その兄弟姉妹たちも一緒になってよく遊んでいました。
 やはりこの暑い時には水遊びが大人気で、水鉄砲で水を掛け合ったり、200個準備していた水風船はあっという間になくなってしまい…もちろんその頃には子ども達の服はびちょびちょ。

 今回はお父さんも数名参加してくださっていたのですが、お父さんが入るとこれまた大盛り上がり。みんなでお父さんを追いかけ回して水鉄砲で狙い撃ち。お父さんもびちょびちょ。

 こういう遊びではやっぱりお父さんのありがたさを感じます。子ども達の嬉しそうな笑顔がキラキラ輝いていて、見ているこちらまで笑顔をもらいました。

【シャボン玉】
 もう1つの遊びとして、シャボン玉を用意したのです。

 実はこのシャボン玉液、自家製でした。去年の夏の自由研究で、わが家の長男が割れにくいシャボン玉作りに挑戦したときに初めて作ったのですが、その時は大きな筒型のシャボン玉が数メートルの長さにまでできていました。今回もそれをねらったのですが、材料の違いか、配合が微妙に違ったのか、前ほどに強いシャボン玉にならず残念でした。

 それでも市販の液程度の強さはあったようで、たくさんのシャボン玉が飛んでいました。子ども達も楽しんでくれたかな?
DSC_0137.jpg


【お昼ご飯】
 お昼は焼きそば。
 ちゃんと炭をいこして、焼きそばプレートで焼いたのですが、バーベキューというイメージではなかったらしく、「え?バーベキューじゃないの!?」と戸惑った子たちもいた様子。ごめんなさい。やっぱり、バーベキューと言うからには、お肉焼かないとダメかあ~。去年はばっちりお肉焼いたんだけど、けっこう準備も大変、焼く人もつきっきりで大変、今年はなるべく簡単に、と焼きそばにしたのですが…これは来年への課題とさせていただきますm(_ _)m

【焼きマシュマロ】
 デザートとして、炭の残り火で焼きマシュマロをしました。
 マシュマロを串に刺して、炭火にかざしてじっくり焼くと、ほんのり薄茶色に焼き色がつきます。この微妙なタイミングが難しい!やり過ぎると、突然ぼっと燃えて真っ黒こげのマシュマロに…。
 子どもたちも自分で挑戦。串刺しのマシュマロを手にみんな慎重に焼いていました。
 焼きマシュマロはそのまま食べても、とろりと甘くておいしいのですが、今回は板チョコとクラッカーと準備しました。熱々のマシュマロにチョコを乗せ、それをクラッカーで挟んで食べると、ほどよくチョコが溶けて絶妙のお味(^o^)

 マシュマロ、かなりたくさん準備していたのですが、あっという間になくなりました。私はチョコやクラッカーの包装をはずすのに必死。たくさんの小さな手がマシュマロに伸びているのを、とっても嬉しく思いました。

【ゆうきっずたち】
 あるママが「みんな、とってもフツーだよね」と。
 そうですね、遊んでいる様子を見ている限り、伸び伸びと楽しそうに過ごしていて、初めて会う子も多いのに仲良く遊べていました。凸凹を抱える子たちには全く見えません。
 「ルールがないから?」「環境がいいのかな(^^)」と笑いながらも、子ども同士でこうやって楽しく過ごし、つながっていく機会を作る大切さを感じました。

 中には、服が濡れた…と凹んでしまってなかなか立ち直れなかった子や、遊びに入りにくかった子、途中で人の多さにしんどくなってしまった子などなど、全員がフルパワーで遊んだわけではありませんが、それもありです。
 実際、去年は遊びに参加しようとしなかった子が、今年はむっちゃ遊んでるやん!という成長も見られたことを考えると、1回1回の経験は、たとえ遊びを見ているだけでも、その子の中ではちゃあんと蓄積されているのではないかな、と思っています。
 親からすると、せっかく来たのになんで…と歯がゆく感じるかもしれませんが、それも許されるのがゆう・きっずの集まりです。

【御礼】
 参加してくださったメンバーさんそれぞれに、いろんなお手伝いを自発的にしていただいて、大変感謝しています。焼きそばを焼いたり、子どもたちの遊びの見守りをしてもらったり、最後のお掃除・片付けまで、こういう集まりは、みなさんの助力なしには成り立ちません。また、たくさん子どもと遊んでくださったお父さん、重い荷物を運んでくださったお父さん、本当にありがとうございました。お父さんたちの参加がとても嬉しかったです!

 次は夏休み勉強会、10月の泊キャンプへのご参加もお待ちしています!   by K.O.


 
Comment:2  Trackback:0
back-to-top